漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『超可動ガールズ』第19話のネタバレ&最新話!縮んだ春人とベルノアの特訓

投稿日:

「月刊アクション」で連載中の紺野あずれ先生の人気漫画!

 

2019年春アニメでアニメ化もされ、今後ますます人気が出そうです。

 

『超可動ガールズ』前回(18話)のあらすじは・・・

ComingSoon

 

『超可動ガールズ』前回(17話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『超可動ガールズ』第17話のネタバレ&最新話!ハンバーガーショップで衝撃の告白

「月刊アクション」で連載中の紺野あずれ先生の人気漫画!   2019年春アニメでアニメ化もされ、今後ますます人気が出そうです。   『超可動ガールズ』前回(16話)のあらすじは・・ ...

続きを見る

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『超可動ガールズ』第19話のネタバレ&最新話!

 

縮んだ春人とベルノアの特訓

 

春人「ベルノアがいる」

 

ベルノア「ウム」

 

横たわる春人の目の前には正座しているベルノアがいた。

 

そう、春人と同じ大きさのベルノアが。

またゲームの中にでも入ったのかとぼやく春人だが、その彼の手には車のハンドルほどの大きさの五百円玉が。

 

春人「…俺が小さいのか!!」

 

ベルノア「一瞬で理解したか。さすがハルト!!」

 

『フィギュアが動く』に次ぐオタクの夢!…なのかもしれない。

 

ベルノアは春人に『小人化の魔法』をかけたらしい。

 

彼に小さくなった感想を聞いてみると、彼は五百円玉のサイズが相対的に大きくなった事へのギャップを楽しんでいるようだ。

 

五百円玉の彫刻などをなおも楽しんでいる春人。

 

ベルノア「せっかくこの私と同じ大きさなのだぞ? やるべき事は一つだろう?」

 

春人「……え?」

 

突如春人の顔面に綿棒が直撃し、「ほげーー!?」と言いながら吹っ飛ばされる。

 

やったのはベルノア。「ハルトとの稽古には丁度良い」と言う。

 

いきなり稽古と言われ、訳の分からない春人。

 

ベルノアは「前に言っていたではないか」と返す。

 

ベルノア「『私から剣を学び』『私を守れるくらい強くなりたい』と!!」

 

春人「えーッ!? それ俺言ったっけ!?」 ※1巻第2話参照

 

 

すばるとルウの特訓

 

と、その時「剣より私の柔術の方が実用的だよ」と、春人の隣にすばるが。

 

すばる「それで私を守れるくらい強くなるんだよね!」

 

春人「すばるさん!! いや言ってない!!」

 

そんな彼にすばるは「美少女に絡む悪漢共をアームロックで倒してみたくないか」と誘うが、「憧れはあるが暴力はちょっと」と言う。

 

しかし全然暴力ではない。

 

すばる「例えばこうして腕をつかまれたら…」

 

すばるは彼の腕を掴んでみるが、ぱっと手を放す。

 

自身と同じ大きさになった春人の腕を掴めた事を意識してしまったのだ。

 

普段はサイズ差があるため、あまり意識していなかったが、照れてしまう。

 

が、春人は今ので誤解してしまい、傷ついてしまった。

 

春人「そっか…わかった。俺に触るのがそんなにイヤか」

 

すばる「あーッもうーーッ!!!」

 

すばるは春人に飛びつくと、「女の子にかけられたい寝技No.1『上四方固め』だッ!!」と彼に関節技をかける。

 

どうやら春人も納得したようで、きっちり20秒かけて欲しいと言う。

 

「ベルノア殿もすばる殿も、教官としてはアマチュアであります!!」

 

声がまたしたかと思うと、ルウだった。

 

小手先の技より基礎体力、魚肉ソーセージを持ってスクワット700回と言う。

 

春人は何食分もありそうな魚肉ソーセージを見て喜ぶが、無駄口を叩くなともう一本追加される。

 

まったく身動きが取れない春人。

 

ベルノアやすばるは「ハルトは精神的にタフだが、もう少し筋肉があた方が好み…好ましい」と言う。

 

この状況がうれし楽しい面もあるが、春人はこの超フィジカルなチートさん達の特訓に耐えられるだろうか。これは相当ヤバイのでは。

 

 

ノーナの特訓と本当の気持ち

 

ノーナ「いいアイディアですね。このプロジェクト、私も参戦いたします!!」

 

春人「ノーナ!? お前まで」

 

彼女は最も過酷と言われる『宇宙飛行士の訓練』と称し、「まずは耐G試練ーーー!!!」と春人を持ち上げてそのまま窓から外へ出てしまう。

 

どこかの屋上。

 

ノーナ曰く、春人が机で仕事ばかりしているので、皆本当は心配だったのだと言う。

 

ほとぼりが冷めるまでここにいようと言うノーナだが、突如春人はノーナに壁ドンする。

 

この大きさになった時に、一番ノーナに会いたかったのだ。

 

そう言われ、照れるノーナ。

 

春人「『ハチドリ』だ!!」

 

ノーナ「…あ、え? なに? どり?」

 

ハチドリのような小さな動物は、体重と表面積の関係でカロリーの消費量が多い。

 

そう、本来人間サイズの彼がこの大きさとなってしまったら、あっと言う間に腹ペコになってしまう。

 

が、腹ペコになる様子もないし、体が小さな動物ほど鼓動も早くなるはずだがその様子もない。

 

それについて高性能探査機であるノーナの意見を聞きたかったのだ。

 

と、ノーナは春人の腕を掴み、一緒に飛ぶ。

 

ノーナ「せっかく同じ大きさになれたのに、考える事はそんなリクツばっかりですか?」

 

春人「面倒なオタクなんでな、気になるんだ。設定とか整合性とか…」

 

すると、目の前には美しい夜景が広がっていた。

 

春人はそれに感動し、「少し寒いがまるで夢みたいだ」と言う。

 

ノーナは同じ大きさになった春人とこれを一番やりたかったのだ。

 

そして部屋までひとっ飛びする。

 

部屋までたどり着いたのはいいが、パジャマ姿で空を飛び回っていたせいで風邪を引いてしまった春人。

 

4人に看病してもらう。

 

 

 

『超可動ガールズ』第20話のネタバレ、最新話

ComingSoon

 

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

 

 

-青年マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.