漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『血の轍』最新話のネタバレ【56話】吹石とのすれ違い

投稿日:2019年8月13日 更新日:

押見修造先生の『血の轍』はビッグコミックスペリオール連載中です。今回は56話の最新のネタバレをかいていきます。

 

『血の轍』前話(55話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『血の轍』最新話のネタバレ【55話】静一はママの元へ

押見修造先生の『血の轍』はビッグコミックスペリオール連載中です。今回は55話の最新のネタバレをかいていきます。   『血の轍』前話(54話)のあらすじは・・・ 静一は吹石から『靴とジャージ、 ...

続きを見る

吹石を拒絶した後、静一は真っすぐ家に帰る。静子はまだ布団を被っているようだった。静子に約束を守った事を伝え、静子の腹に耳を当ててその鼓動を感じていた。所が目を覚ました静子は静一にどくように言う。

 

静一は再度約束を守った事を伝えるが、そんな事はどうでもいいと言わんばかりの表情で「あっちいって。ママ眠いから。」と、静一に労いの言葉もかけない。部屋を後にする静一は悲しそうな表情だった……。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『血の轍』第56話のネタバレ&最新話!

 

吹石とのすれ違い

風が吹き、辺りを通り過ぎていく。激動の夏を経て、赤城颪が吹きすさぶ季節になったのだ……。それは容赦なく静一たちの住む町にも訪れる――

 

――12月。

 

甲高く響く風の音は、まるで慟哭の如し。愛に詰められた少年は、『運命の冬』を迎える―――

 

――学校。

 

静一は一人、廊下から窓越しに外の景色を眺めていた。周囲には「うー、さびー。」「はやく理科室行ぐんべー。」と言いながら移動する生徒たちがいる。

 

「はどうほう!」

 

静一は後ろからふざけた同級生に背中を押される。静一はおもわず「は…」と呟く。背中を押した生徒は小倉だった。

 

小倉「おーさーべー! 何見てるん?」

 

静一「…や…」

 

今度は別の生徒が後ろから「はどうほう!」と押してくる。流石に「……ちょ…」と言い淀む静一。

 

二人はそれからも「はどうほう!」「はどうほう!」と静一を押して遊んでいる。静一は「あ…たっ……やめろって…」と半笑いで言う。別にそれほど嫌がっている訳でもなく、いつも通りふざけ合っているらしい。

 

と、その静一の目が廊下の向こうからやってくる人物を捉える。

 

……吹石だ

 

吹石は無表情で静一を一瞥すると、そのまま目を逸らし――何も言わずに通り過ぎてしまった。静一はその事に気付き、どこか暗い表情をした。

 

静一「ちょっ…ハハッ。やめろって!」

 

静一はそれを誤魔化すようにハハハハッとふざけるが……。

 

静子からの御通達

――夜。

 

ビュウウウウウウウ

 

風の吹く中、静一はぼやけた面をしながら家の正門をくぐる。それから十メートルほど歩けば玄関だ。

 

だが、玄関は誰も手入れしていないのか、鉢などが転がっていて散らかっている。

 

ガチャ ギィ

 

静一は玄関を開けて帰宅した。

 

――家の中も同じような有様で、玄関には揃っていない靴があり、扇風機も布を被ったまま出しっぱなしである。

 

静一「ただいま。」

 

歩みを進めてリビングの中に入る静一。……と、そこには静子がいた。

 

――リビングはさらに散らかり放題で、至る所にティッシュは脱ぎっぱなしにした衣服類が散乱している。しばらく掃除もしていないのだろう、この部屋に比べれば、正門や玄関は物も少ないというのもあるが、まだ片付いていた。

 

静子「お義姉さんから、電話あったんさ。しげちゃんち行くよ。また。」

 

静子は気だるげに静一に向かって話す。

 

バスで移動

――静一と静子はバスに乗って移動をしていた。

 

バスは公共機関のものであり、夜のせいか静一と静子を除いてほとんど人はいなかった。二人は一番後ろから一つ前の、バスの進行方向に大して右側の席に座っていた。

 

静子「はあーーー…ああやだ。どうして私達がわざわざ行かなきゃならないん?」

 

静子は静一と二人きりというのもあり、臆面もなく不満を零す。曰く、こっちだってやることがあるのだ。きっと義姉は自分たちの事をしげるのリハビリ道具としか思っていないのだろうと。

 

静子「退院してもこんなん…結局何にも変わらないやいね。」

 

それに対し、静一は何か答えようとしたのだが、出てきた言葉は……

 

静一「…ほ…ほんとだね。やだいね。」

 

彼も静子に賛同する。

 

静一はそれから静子を横目で見て、静子の手に自分の手を重ねようとする。だが静子は外を向いたままであり、それを躊躇う。

 

静一「…ママ…僕にできること…ある?」

 

そう問われた静子は―――

 

静子「できること? 静ちゃんに何ができるん? パパみたいな顔して。」

 

自分の父親を貶された事と言い、お前は無能だと言い切った事と言い、随分酷い対応だ。

 

バスが次は県営住宅前である事を伝える。静一は―――

 

静一「パパみたい…じゃ……ない…。パパみたいじゃ……」

 

パパみたいじゃない………

 

 

『血の轍』第57話のネタバレ&最新話!

漫画最新話ネタバレ
『血の轍』最新話のネタバレ【57話】まだ記憶が曖昧なしげる

押見修造先生の『血の轍』はビッグコミックスペリオール連載中です。今回は57話の最新のネタバレをかいていきます。   『血の轍』前話(56話)のあらすじは・・・   静一は普通に学校 ...

続きを見る

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『血の轍』まとめ

今回は『血の轍』第56話のネタバレ&最新話!をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.