漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『ブサメンガチファイター』第12話のネタバレ&最新話!しげる達の攻防とアルディーンの活躍

投稿日:2019年1月3日 更新日:

月刊ビッグガンガン連載中!

『ブサメンガチファイター』

原作:弘松 涼
漫画:上月ヲサム

 

『ブサメンガチファイター』前回(第11話)のあらすじ

 

モンスターの大軍を前に誠司が戦線離脱!? どうする絶対神・しげる!

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『ブサメンガチファイター』第12話のネタバレ!

 

/絶賛変身中/

 

しげるは考える。とにかくまずは聖華さんを足止めしないと!

 

ウィンドウを表示し、スキル「ウィンドウォール」を選択する。

 

すると、しげる達の周りに風の壁ができる。

 

「聖華さん! 一人で行っちゃだめだよ」

 

「しげるさん、リーズさん」

 

これで敵は攻撃できない。謝罪する聖華を許し、誠司を心配するしげる。

 

 

「はあああああああああああ」

 

誠司は一人離れた崖の上で一人で叫んでいた。

 

これでも大絶賛変身中である。変身は隠れてするのがお約束ですから☆

 

 

(ええ…俺たちを先に行かせたのって変身するため? あんな小芝居必要だったかなあ?)

としげるは思う。

 

 

ついでにしげるは思った。

 

 

誠司の変身は服がビリビリに破けてしまう、今彼が着ている装備はかなりお高いはずでは、と。

 

その事にようやく気付く誠司。上着を脱いできっちりとたたむ。

 

そうそうちゃんとたたんで…いや今やんなくてもよくない!?

 

 

そうして初めからタメ直す誠司。

 

 

しげる達の攻防

誠司は時間がかかりそうなので、こっちはこっちで何とかする事に。

 

戦おうとする聖華に絶対神の加護として「命中向上」や「攻撃力向上」の加護を与えることに。

 

 

聖華に加護を与えた後、多すぎるモンスターたちを分散させることに。

 

 

絶対神であるしげるがそのまま群れと戦っても瞬殺してしまうため、補助魔法を使うことに。

 

「泥団子ボール」を使用し、モンスターの群れに大量の泥団子を注ぐ。

 

 

地面に着弾した泥団子は形を変え、泥の兵士となりモンスターに襲い掛かる。

 

これで乱戦状態に持ち込めた。すべてのモンスターが一局集中するのを防いだのだ。

 

 

一方の誠司は…

 

 

なんとまだやっていた。そう、誠司は変身するのにブチギレないといけない。

 

 

誠司はあまり沸点が低い方ではないのだ。

 

「今足を踏んだのは誰だ!!!」

 

怒りを思い出す誠司。一体いつの怒りだろう。

 

 

そしてようやく変身する誠司。

 

 

胸に紋章が浮かび、筋肉が膨張する。

 

 

そして背中に翼が生え、目と額に光が生じる。

 

「不屈の勇者、アルディーン!」

 

彼の服は破れていなかった。何そのインナー!? としげるは心の中で叫ぶ。

 

 

アルディーンの活躍

崖から飛び立つ誠司。そして着地したと思ったら、飛行せずにそのまま走る。

 

走りのフォームは完璧だが、結局その翼の意味は何なのか心の中で問うしげる。

 

 

誠司はそのまま仲間の元まで到達し、安否を問う。

 

アルディーンが誠司の変身した姿だと知らない他の仲間に対し、さすらいの勇者アルディーンだと答え、モンスターの群れの前に行く。

 

 

そしてモンスターの群れを一掃する。

 

聖華が思わず「すごい!!」と叫ぶ。

 

 

アルディーンの戦いを見るのは初めてのしげるだったが、そもそも聖華はアルディーンを見る事自体が初めてだったのだ。

 

 

その時、巨大なゴーレムがアルディーンの前に立ちはだかる。

 

 

しかしアルディーンは恐れることなく果敢に殴りつける。が…

 

殴った手の痛みに耐えかねて膝をつく。

 

 

そこを狙ったゴーレムの攻撃を避け、翼で飛ぶ。とべるんかい!!

 

アルディーンは右手を封じられたと推測したが、ただの自爆である。

 

しかし、アルディーンは屈しない。なぜなら『絶対に仲間を裏切らない』と誓ったからだ。

 

 

それが不屈の勇者アルディーンなのだ。

 

 

その後、最高潮にブチギレまくった(主に痛みで)アルディーンによって、モンスターの大軍はコテンパンのぺーちゃんこになりましたとさ。めでたしめでたし。

 

 

「さすらいの勇者アルディーン! そう名乗って去ってゆきました」

 

聖華が誠司にアルディーンの雄姿を説明する。

 

「とても強くて…情熱的な方でしたよ!」

 

僕も会いたかったなァ…と白々しい誠司。

 

 

誠司は殴られて気絶していた事にしていた。

 

しげるは一応誠司を心配していた。

 

 

ゴーレムを殴った際に変な音が鳴ったから小指でも骨折してないかと思い、そうなら後でこっそり回復をかけようと思っていた。

 

 

聖華はちゃんとお礼がしたいらしく、その気持ちはきっと届いている、と当の本人である誠司が言う。

 

 

誠司を王様にするのを考え直そうかと思うしげるであった。

 

 

 

『ブサメンガチファイター』第13話のネタバレ!

ComingSoon

 

『ブサメンガチファイター』第14話のネタバレ!

漫画最新話ネタバレ
『ブサメンガチファイター』3巻14話のネタバレ&最新話!梶田の特筆事項

月刊ビッグガンガン連載中! 『ブサメンガチファイター』   原作:弘松 涼 漫画:上月ヲサム   『ブサメンガチファイター』前回(第12話)のあらすじ   『ブサメンガチ ...

続きを見る

 

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.