漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『ビースターズ』第154、155,156話のネタバレ&最新話!

投稿日:

板垣巴留先生のbeastars『ビースターズ』は少年チャンピオンにて連載中です。巴留先生は板垣恵介先生の娘さんという噂があります。おそらくそうなのでしょうね。

 

beastars『ビースターズ』第151、152,153話のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『ビースターズ』第151、152,153話のネタバレ&最新話!

板垣巴留先生のbeastars『ビースターズ』は少年チャンピオンにて連載中です。巴留先生は板垣恵介先生の娘さんという噂があります。おそらくそうなのでしょうね。   beastars『ビースタ ...

続きを見る

 

ジャックはレゴシに特進クラスの異様さを語る。気が滅入る環境だが泣く事もできないジャックはいつも玉ねぎで強制的に涙を流していた。レゴシはジャックを元気づけるが、自暴自棄を起こしたジャックは玉ねぎを口に含み、レゴシが強制的に吐き出させる。

そこで初めて本音で話し合った2人...。レゴシの遠吠えを初めて披露して貰ったジャックは彼に特進クラスで何を教わっているか話す事にした。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

 

beastars『ビースターズ』第154話のネタバレ&最新話!

 

ジャックの歴史講座、開始

―――レゴシとジャックは大食堂で食事を取る。

 

ここはまだ肉草共用だ。利用時間分けなくてもみんな自ら種族ごとに固まって座る。

 

…それからジャックが習ったという本当の歴史についての話になる。夜眠れなくなるほど恐ろしい話らしいが。

 

本題に入る前に、ジャックはレゴシの身長と体重が180cm後半の75kgだと確かめる。

 

つまり細マッチョである。実は現代の獣は年々身体が細くなってきている。

 

…確かにレゴシが会ったゴウヒンらは太っているわけではない。

 

しかし、昔の肉食獣は今より脂肪、筋肉共々かなりの量で凶暴だった。

 

―――そう、今より大昔、肉食獣がまだ『生命動物』と呼ばれていた時代。

 

彼らは当時体格は平均300cm200kg…。知能も高く仲間意識もあった。が、凶暴性も高く喧嘩をしてはタヒ亡した敗者を食べて暮らしていた。

 

命を食べるから『生命動物』。弱肉強食の彼らは数も文明も発展しない。

 

…そんな中で会ったのが、草食動物。つまり当時『自然動物』と呼ばれていた存在だ。

 

面白い事に、生命動物は自然動物を守るべき対象として認識した。単に手を組んだ方が得になるというものだったかもしれないが…。

 

初対面では争いは起きなかった彼ら。数が多い自然動物が生命動物を受け入れる形で成立した獣社会。

 

やがて両者は交わり、生命動物は自然動物のように穏やかになり、卵や牛乳でタンパク質を取り、今のような文明社会になっていった…。

 

 

肉草大戦の両者の主張

―――レゴシのクラスではその時代ばかりフォーカスして教わっていた。

 

一番平和だったからだろう。怖いのはその後の肉草大戦だ。

 

…今から100年前、あの戦争は両者の呼称を変えるほど大きなものとなる。『肉食動物』『草食動物』だ。

 

違う者同士で暮らしていれば大なり小なり争いは起きる。それによって起こされたのだろう。

 

―――大戦時のある時、兵士の格好をした肉食・草食動物が話していた。

 

草食動物の主張は、元は3倍ほど自分たちの数が多かったのに、今では肉食動物と同等。しかも遺体が一切消えている。

 

きっと戦のどさくさで我々を食べているのだろう…と。

 

それに対し、肉食動物の方はもう降伏して欲しいと頼む。このままでは自分たちはそちらを喰い尽くしてしまうと…。

 

もし降伏したならもう絶対食べないし、この先も償わせて欲しいと言う。文明までは崩壊させたくないと…。

 

 

戦争を止めた巨鯨

―――と…そこで………

 

お………っきなクジラが現れ、そのクジラが戦争を止めたんだって!!

 

…いきなり突飛者な事を言うジャック。クジラのあまりの巨大さに全部馬鹿馬鹿しくなって草食側が降伏したのだ。

 

レゴシは当然信じない。ジャックも言うのではなかったとそっぽを向いて拗ねる…。

 

―――とある部屋。

 

そこは首都圏外郭放水路のような巨大な空間となっており、湖かと思う程の水で満たされていた。

 

…そこにヤフヤはいた。彼の目の前には―――ジャックの言っていた巨大なクジラがいる。

 

400歳とは思えぬ程の見事な潮吹きを披露しつつ、肉草大戦を終わらせた事を感謝するヤフヤに海洋後が上手くなったと評価する。

 

どうやらクジラはある言葉を放ったため、戦争が終わらせる事ができたらしい。

 

その言葉をまだ教えて貰えないのかと言うヤフヤだが、クジラは陸の生物同士でもっと仲良くなるまで教えないよー、と残して水中に消える。

 

………今回の首脳会談は閉会の模様だ。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『ビースターズ』第154話の感想

『生命動物』『自然動物』………肉食と草食にそんな過去があったのですね…。

 

まだ戦後の話は出てないので、メロンに関連する話までは出てません。しかしハーフに関係する話へと繋がっていくのでしょう…。

 

なんだか現実世界の日本史か世界史でも習っているような気分になってきました。

 

…そして肉草戦争を止めたと言う謎の鯨。

 

彼が放ったという言葉は一体なんなのでしょうか…?

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『ビースターズ』次話(155話)以降の予想

まだメロンを追いかける展開にはなりませんよね…。

 

それからレゴシはジャックから戦後の話まで聞くのだと思います。

 

それがメロン……ひいてはハーフについての話題になるのでは。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

『ビースターズ』まとめ

今回は『ビースターズ』第154、155、156話のネタバレ&最新話!をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.