漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『ビースターズ』第148、149,150話のネタバレ&最新話!

投稿日:2019年10月12日 更新日:

板垣巴留先生のbeastars『ビースターズ』は少年チャンピオンにて連載中です。巴留先生は板垣恵介先生の娘さんという噂があります。おそらくそうなのでしょうね。

 

beastars『ビースターズ』145、146,147話のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『ビースターズ』第145、146,147話のネタバレ&最新話!

板垣巴留先生のbeastars『ビースターズ』は少年チャンピオンにて連載中です。巴留先生は板垣恵介先生の娘さんという噂があります。おそらくそうなのでしょうね。   beastars『ビースタ ...

続きを見る

 

本能のままにハルを触るメロン。ハルは慌ててメロンに何の種族なのかと問う。メロンはガゼルの角によってハーフだと疑われずに住んできたのだが、種族を疑われたのは初めてだ。メロンはカッターを取り出して自傷し、初めてあまり痛くないことに喜ぶ……。

一方レゴシ達はデシコのコピ・ルアクを飲んだことで肉食獣としての本能が高まり、今にもルイを襲いそうだった。何とか耐えて帰るレゴシだったがまだ肉食欲は消えない。しかし部屋に帰ると、なんとそこにはハルが……!!

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

 

beastars『ビースターズ』第148話のネタバレ&最新話!

 

男と抱き合ったハル

 

レゴシはハルを前にすると、思考が取っ散らかり冷静な判断が出来なくなってしまう。

 

それでもある事実を前にすると、それもどうでもよくなる。残念ながらレゴシの鼻は誤魔化せない。

 

ハルちゃん……今日のあなた―――

 

………男と抱き合いましたね

 

ハルはそんなレゴシの思考に気付くこともなく「生活感出て来たねー」などとレゴシの部屋を評す。

 

しかも結構きつめに抱きしめ合ったのではないか…。一体どこのどいつの何の種族だというんだろうか。

 

レゴシは後少しでその匂いが思い出せそうな気もするが、流石にそれがメロンであるとは気付かない。

 

ハルはレゴシにがブリーズ(ファブリーズの事)がないか聞く。この部屋は雄狼の匂いがするらしい…。

 

 

積極的なハル

―――とりあえずシュッシュッとガブリーズを部屋に撒く。

 

そうして改めてレゴシは「いらっしゃい」とハルを迎える事ができた…!!

 

ハル「お邪魔しまーす」

 

こうして二人で会えるとやはり嬉しいものがある。それはハルもレゴシも同じものだった。

 

レゴシはハルにキャンパスライフは楽しいかと尋ねると、「私の何を疑ってるのさ」と言われてしまう。尻尾を立てて質問していたからだ。

 

ハル曰く、何もさせないで女を束縛しようなど考えが甘すぎだという事。こちらだっていつまで経ってもお預けを喰らっているのだ。

 

リスクが高すぎるんだと言うレゴシに18の子供が何を知ったような口を聞いているのかと返すハル。だがレゴシはそのリスクを本当に『知っている』のだ。

 

するとハルは確かめないと分からないと言う…。レゴシのを実際に見て見ないと…。

 

今夜くらいは自分がレゴシを食べさせろと―――。

 

実はレゴシはハルに恋をした時からずっと思っていた………俺たち、逆だったら…とっくにカップルとして成立していたはずだって。

 

もし逆だったら………君に抱かれて食われてたらどれだけいいだろうと…

 

 

現実的な考え

 

―――明かりは窓からの街灯だけ。

 

レゴシは己の下半身を彼女に見せる。

 

掃除もろくにしてないこの部屋。宙に舞う互いの毛が街灯の光を受けて光り、なんだか現実味がない。

 

レゴシは―――再び電気を付ける。

 

そして現実的な話題として、前歯がほぼ入れ歯になった事を見せる。ハルは笑ってしまうが、それこそがしがないオオカミができる現実的な事である。

 

しかしもうそれはハルには通用せず、自分がレゴシを大人にすると言ってベッドに引きずり込む。

 

何も今急ぐ事はなく、お互いの知らない部分を少しずつ見せ合えばいいのだ………

 

 

―――そして朝。

 

先に起きたレゴシはハルを起こそうとする。が………

 

部屋にハルはおらず、布団には何故か不可解な赤い染みが付いていた。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『ビースターズ』第148話の感想

 

なんとかレゴシは起床までは肉食欲を抑える事ができたようです。見事なものですね…。

 

しかし起床時にハルはおらず、なぜか赤い染みが…!!

 

 ですが寝ている間にレゴシが食いころしてしまったというのはちょっと考えられません。それならタヒ体が残っているはずですし、本当に身体の一部を食べてしまったとしても、部屋から逃げ出せるくらいのの傷という事になります。

 

本当にこの染みは血なのでしょうか…?

 

それにしてもこの2人は本来の性別や種族と性格や積極性が逆転していますね。レゴシの言うように逆だったら楽だったろうに……。

 

あと、レゴシの前歯って入れ歯だったんですか。まさ若いのに…。

 

食べる時辛くないのでしょうか?

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

beastars『ビースターズ』第149話のネタバレ&最新話!

 

レゴシの絶望

 

自分が眠っている間、一体何が起きたのか―――。

 

自分以外誰もいない部屋。生命の気配が少しもしないこの部屋で、血まみれの布団のふくらみを彼はめくる事が出来ない。

 

もし捲ってしまうと、そこには見てはいけないものが……絶望が待ち受けている気がしてならないからだ。

 

………身体が少しも動かない。布団だけでなく自身の口元についているこの血はなんだ…。

 

レゴシは恐怖と絶望のあまり、肉体に変化が起きた。そう、それは……身体中の毛が真っ白になっていったのだ。

 

これは急激な心のダメージによるものなのか、あるいは魂でも抜けたのか。だが、これは現実だ。

 

レゴシは到底受け入れられない。受け入れられないが、あまりにも信じられないくらいに全てが終わってしまったのである……。

 

レゴシは差し込む美しい朝日と窓から見える綺麗な空が目に入らないほど深く絶望していた。

 

彼は昨夜やってしまったのだ。

 

 

何も変わらなかった

 

レゴシは宙を向いたまま涙を流す。そして色んな事が頭を駆け巡る。

 

まず現実的な問題として救急車や警察に通報するかどうかを考える。

 

続いて、大晦日の夜にリズと決闘した事を思い出す。

 

あの時からレゴシは思いあがっていたのかもしれない。リズと違い自分はルイやハルといった草食動物とも分かり合えると。

 

…自分こそが正義の肉食獣なんだって。

 

だが、世界観など一瞬で闇に染まるのだ。それこそ一晩で全てが消え去る程に。

 

心の中でリズに謝るレゴシ。あんなにも偉そうにしてしまって…。

 

しかしもう遅い。全てが無駄で、全てが無意味だったのだ。

 

ハルの亡骸が入っているだろう布団はまだ少し温かかった。

 

…ただ好きなだけだったのだ、ハルの事が。本当に申し訳ない気持ちだが、この機に及んで自分の気持ちばかりだと自覚するレゴシ。

 

所詮、自分は最後まで己の中の怪物に勝てなかった。深淵を覗きすぎて自分まで怪物と化してしまったんだ!!

 

もうタヒんで償―――

 

 

杞憂だったレゴシ

 

ハル「いつまで寝てんだァ」

 

レゴシ「!?」

 

慌てて振り返るレゴシ。するとそこには、血一つついてないハルがいた。

 

ハルはレゴシの涙で染まった顔を見て一体どうしたんだと聞く。ハル曰く、冷蔵庫のトマトジュースを零してしまったらしい。

 

血ではないならオオカミの鼻で分かるはずだが、パニックのあまりそんな事にまで気が回らなかったようだ。

 

それからハルはレゴシの毛が真っ白になっていると言う。能天気に考えればこれでお揃いとなったわけだが。

 

………絶望の嵐がやってきたのであれば、それが過ぎ去るのもあっという間の事。

 

だがレゴシは改めて、自分たちはずっと奇跡が続いているんだと実感する。

 

レゴシはそう感じたと思った瞬間、「絶対に結婚しよう」とハルに言う。ずっと幸せな家庭を築こう!!

 

何が起きたとしても―――

 

レゴシ「幸せにする!!」

 

そして着替えてから家を出発すると言い出すが、どこに行くのか訊かれても答えられないレゴシ。

 

ブチュッ…

 

とりあえず春の頬に口づけをしておく。彼はハルを置いて一人で出て行った。

 

 

―――シン組事務所のボスの部屋。

 

そこではアガタがメロンに拳銃を付きつけられていた。

 

メロンは机の上に果物のメロンを用意しており、一部上流階級の肉食獣がメロンと生ハムを合わせて楽しむ事を例に取りながら、お前の脳みそを生ハム代わりにこのメロンの上に乗せてもいいと脅す。

 

それも今からする返答次第。手を組むと約束したメロンを差しおいて、昨日の夜に何処をほっつき歩いていたのか?

 

「…それは」と口ごもるアガタ。そんな彼に自分の味覚も段々覚醒してきたと言うメロン。

 

どういうわけだが…

 

アガタ「!?」

 

若い獣は本当に活きが良くて惹かれると言うメロンの背後の窓に、外から恐ろしい表情をしたレゴシが貼りついていた………。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

beastars『ビースターズ』第149話の感想

 

いやぁ……やはりハルは単に部屋を出ていただけでしたか。良かった…。

 

前話の感想で亡骸が残っていないのは不自然だと述べましたが、それはどうやら布団に包まれているのではないかという認識だったようですね…。

 

いずれにせよハルに何ともなくてよかったです。

 

そしていきなり動き出したメロンとシン組のいざこざ。

 

メロンの背後の窓にはレゴシが貼りついてますね。最後のコマで背後のレゴシを見ておりませんが、彼はレゴシの奇襲に気付いているのでしょうか?

 

恐らく気付いていると思いますが…。次回が楽しみですね!!

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

beastars『ビースターズ』第150話のネタバレ&最新話!

 

向かい合うメロンとレゴシ

 

いつも武器を向ける瞬間、メロンは相手をまじまじと見つめる。殺意を向けた相手の強張った顔を見ると、一度でも愛情を向けられたからこの世に未練があるんだと…。

 

そしてだから尚更ころしてやりたくなる。

 

メロンはアガタに抱きしめられたり仲間を愛した経験はあるかと問う。

 

そしてアガタは―――窓の外にいるレゴシを見る。

 

一体どういうつもりた。普通に気付かれるに決まって―――

 

メロンは例えば今、窓の外にいる者を撃ったらアガタは辛いのかと質問する。ほらやっぱり気付かれてる!!

 

やはりあのオオカミも大概しぶとい。

 

レゴシはコンッコンッと窓を叩いてメロンを振り返らせる。

 

そしてジェスチャーで首と脇腹の傷の借りを返しに来たと伝える。

 

メロンは……何も慌てずに銃口を向ける。

 

だがレゴシは銃口を向けられたにも関わらずどこか俯瞰したような目線を向けてくる。こんな表情の者は今までいなかった。

 

 

メロンの幼少

 

ドォン

 

………次の瞬間、レゴシは一瞬で窓を突き破り、メロンの首を掴んでいた!!

 

しかしメロンの首に違和感を感じ、その一瞬で逆にレゴシは投げ飛ばされる。

 

メロンは首回りはヒョウの母親譲りだと説明する。まるで肉食獣のような強靭な喉。

 

なお、ガゼルの父親ゆずりなのは角、痩せた身体、回避能力だ。

 

その回避能力は本物で、レゴシの鋭い爪の斬撃も避けてしまう。

 

草食獣は肉食獣の攻撃を避ける本能が備わっており、だから昔虐めてくるクラスメイトに何でも物を投げつけられた―――

 

 

―――メロンの小学校低学年時代。

 

メロンは意地悪なクラスメイトに物を投げられていた。どうせ全て避けてしまうんだから。

 

小学校では学年が低いほど、肉食と草食でトラブルがあった場合に肉食が悪者にされる。だから鬱屈を溜めていた肉食獣のクラスメイトに標的にされるのだ。

 

………メロンはレゴシに銃弾で反撃する。

 

メロンは自分が何歳で人をころしたと思っているんだと問いかける。

 

彼が人をころしたのは―――

 

 

飛び降りた2人

 

………猫科は高い所から飛び降りても怪我を負うだけでタヒぬ事はできない。

 

母がヒョウであるメロンもそのクラスメイト達に飛び降りを強要されていた。

 

『飛び降りろ!!』『飛び降りろ!!』

 

そう言われ続け、彼は………ただ一人生き延び、代わりに自分を囃し立てていた4人のクラスメイトが落ちていた。

 

彼らをころした事でメロンは解放される。だがあの時ちゃんと飛び降りていたら解放されたのだろうか。

 

 

―――そう言って、彼はいきなり割れた窓から飛び降りる!!

 

だがレゴシもそれを追ってメロンに飛びつく。今日は絶対に逃がさないと決めているのだ。

 

ドシャッ

 

だが二人とも植え込みに落ちて事なきを得る。

 

捕まえるためにはタヒなせるわけにはいかなかったのだ。とにかく捕獲完了だ。

 

ハーフの成れの果てを見た割には冷静だと言われるレゴシだが、     ハルの事を思い返し、自分の将来の子供はちゃんと可愛がって育てると言う…。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『ビースターズ』第150話の感想

 

流石に裏社会を歩いてきただけあって、自分が背後から奇襲されようとしている気配を感じ取る事は出来ていたようですね。

 

それにしてもメロンは幼少の頃から虐められていたのですか…。幼い頃から差別問題に苦しんでいて何だか可哀想になってきますね。

 

ですが飛び降りを強要したクラスメイトを全員突き落として生き残るとは―――凶悪性も幼少の頃からのようですね。

 

………そしてメロンは何と自ら飛び降りました。

 

レゴシもそれを追って飛び降り、メロンを捕まえたようですね。

 

しかしそれもメロンの計算のようにも思えます。こんな所であっさり捕まって終わるメロンではないように思えます…。

 

メロン自身がラストで「ハーフの成れの果てを…」と自分の事を言ってますが、これで本当にメロンは捕まるのでしょうか?

 

次号もまたレゴシとメロンの戦いになるのか? 楽しみですね。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

beastars『ビースターズ』第151話のネタバレ&最新話!

漫画最新話ネタバレ
『ビースターズ』第151、152,153話のネタバレ&最新話!

板垣巴留先生のbeastars『ビースターズ』は少年チャンピオンにて連載中です。巴留先生は板垣恵介先生の娘さんという噂があります。おそらくそうなのでしょうね。   beastars『ビースタ ...

続きを見る

 

 

『ビースターズ』まとめ

今回は『ビースターズ』第148、149、150話のネタバレ&最新話!をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.