漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『ビースターズ』第145、146,147話のネタバレ&最新話!

投稿日:2019年9月29日 更新日:

板垣巴留先生のbeastars『ビースターズ』は少年チャンピオンにて連載中です。巴留先生は板垣恵介先生の娘さんという噂があります。おそらくそうなのでしょうね。

 

beastars『ビースターズ』144話のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『ビースターズ』第142、143,144話のネタバレ&最新話!

板垣巴留先生のbeastars『ビースターズ』は少年チャンピオンにて連載中です。巴留先生は板垣恵介先生の娘さんという噂があります。おそらくそうなのでしょうね。   beastars『ビースタ ...

続きを見る

 

ルイはやはりシン組と一緒にいる方が落ち着くようだ。ルイはレゴシにメロンを捕まえてもハルとの幸せは保証できないと忠告するが、レゴシはそれを受け入れる。

ルイがレゴシにシン組メンバーを紹介した後、みんなで裏市場へと移動する。コピ・ルアクのアジトの場所を探すべく、シン組メンバーの全員のヒゲでダウジングをする。ヒゲがへたってきたので、レゴシのヒゲも加えて再開…。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

beastars『ビースターズ』第145話のネタバレ&最新話!

 

コピ・ルアクのボス・デシコ

 

ネコ科は神秘に満ちた種族と人は言う。ライオンや虎など…。だが彼から言わせてもらえばまだまだガサツで神秘には程遠い。

 

そう、『霊猫(れいびょう)』とまで呼ばれるこの……ジャコウネコのデシコから言わせて貰えば。

 

彼こそコピ・ルアクのボスである。

 

ジャコウネコの神秘は…ずばり股間部にある。小さい頃からデシコがトイレの個室に入るとからかわれたものだ。

 

『デシコが香水を作るぞ』

『デシコが高級な珈琲を入れてくれるぞ』

 

ジャコウネコは一般的に、その糞から取り出した未消化の珈琲豆が腸内細菌で美味になる『コピ・ルアク』で知られている。

 

しかしもう一つ、肛門から出る分泌液が花の香りを高める効果があり、香水の原料として高い価値がある。

 

彼の体を通すだけで、あらゆるものに価値が付加されていく。しかし彼もトイレ以外で奇跡を起こしてみたい。誰にも笑われない、周囲に誇れるような神秘を…。

 

だから彼は、混血の種族が持つ未知なる可能性を研究し、彼らの価値を見出そうと決めた。

 

 

 

シン組、デシコと取引

 

――――――

 

――――

 

――

 

「そうか…つまりメロンの事も知ってるんだな、あんた」

 

シン組たちはデシコの元に辿り着いていた。無論デシコは彼の事を知っている。

 

それにしても……まさかコピ・ルアクが資金潤沢な研究団だったとは…。おかげでコウモリを雇い楽しく混血種を研究しているらしい。

 

なお、彼らは誤解されやすく、ゴーシャとの一件も単なる勘違いらしかった。

 

シン組一行はデシコと交渉する。まさかただで情報が欲しいと言うつもりはない。一体何を引き換えにすれば情報を渡してくれるのか…?

 

デシコは取引に応じる。あくまで表の顔だが、メロンについて知っているらしい…。

 

ただし、デシコの一週間分の糞から未消化の珈琲豆を取り出す事が条件だ。そう言って、珈琲豆一袋分くらいの袋を用意する。

 

レゴシ「やりましょう」

 

「即答!!」と驚かれる。正気なのか…?

 

だがレゴシからすれば、ここに来た時点で暴力沙汰が起きる覚悟だった。それが蓋を開ければ、たかだかウンコ探ってメロンの情報が得られるなら安い物。

 

それに皆で協力すれば早く終わるはずだ。

 

………こうしてレゴシ、シン組、ルイはとんだ共同作業をすることになる。

 

デシコは本物の研究者。メロンが今どこで何をしているかも知っているかも…。

 

 

優秀な非常勤講師

 

「いいですかー? 皆さん」

 

講師が黒板に書いて講義をしている。そうやら食肉についてのようだ。

 

本来、コピ・ルアク、鶏卵、牛乳……これら動物性食物は肉を食べた時の幸福感に似たアドレナリンを脳に与えてくれる。

 

だが食肉を行い、『肉』そのものの刺激を知ってからは、皆がそのありがたみを忘れてしまったのだ…。

 

大体『肉』という概念が生まれたのも戦後の事―――

 

………講師のメロンがそう説明する。

 

第一次肉草大戦が起きるまでは、肉食動物は『生命動物』、草食動物は『自然動物』と呼ばれ、殺生などなかったのだ。

 

だが戦争を期にこの関係が崩れ、今の有様。恋愛の愛憎と似たような感情が両者の間に生まれてしまったらしい…。

 

チャイムが鳴り、今日の講義はここまで。非常勤講師メロンの歴史学は分かりやすくて面白い。凄い学歴なだけの事はある。

 

退室前に宿題のレポートを出すよう生徒に呼びかける。テーマは「肉食と草食の正しい関係」だ。

 

ハルは友達にやってきたか聞かれるが、今回のテーマは難しすぎたためか一晩考えても白紙だった。

 

メロン講師に質問したら、何か書きたい事が見つかるかもしれないと友達に言われる。

 

ハルは「そうしよっかなぁ……」と言う―――

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

『ビースターズ』第145話の感想

 

とりあえず殺傷沙汰にならずに済んでよかったですね…!! コウモリとゴーシャの件も誤解だったようだし、何とかなりそうです。

 

……ハルがメロンと出会いさえしなければ。

 

この後の展開としては、恐らくレゴシの弱みとしてハルが利用されてしまうのでしょう…。果たしてレゴシがメロンに立ち向かえるのか見物ですね。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

 

beastars『ビースターズ』第146話のネタバレ&最新話!

 

メロンの贅沢な悩み

 

メロンは生まれつき凶悪な悪党ヅラをしているが、彼が目を閉じ…口元さえマスクで隠してしまえば、たちまち高学歴で好青年なガゼルに早変わり。

 

――――――

――――

――

 

―――大学食堂。

 

メロンは味覚を求め、数えきれないほどの悪事に手を染めてきたし、色々な仕事を転々としてきた。

 

密売や麻薬、そしてシン組のボス…。その中で一体何匹の獣を食っては吐き出してきたことか…。

 

だが彼にはどれも砂の味にしか思えない。食堂で出されるしなびたトマトも獣の肉も同じ味。彼が良い大学を出たのもころしを繰り返すのも、目的は一つ。

 

………一度でいいから『美味しい』と感じたい…。

 

その目的のため、非常勤講師として大学に潜入する事が出来た。彼は大学という場所をずっと狙っていたのだ。

 

もう子供ではないが未成年でもある肉食・草食獣が接する時、何が起きるか。草食動物の美味しそうな場所に目線がどうしても行く肉食獣…それに気付かない草食獣。

 

そう……食肉はまるで…男女の恋愛模様だ。

 

例えば裏市で肉の味を知り始めている自分を押さえようと努める肉食獣の姿はいじらしい。

 

メロンは大変羨ましがる。本能と戦い、若い奴らが全力で生きやがって!!

 

あの葛藤の末に食べた肉はさぞかし旨かろう……彼にも悩みはあるのだ。得られるならぜひあやかりたい…。

 

 

 

相席してきたハル

 

「先生、全然食べてないですね。食欲ないんですか?」

 

目の前に相席してきたのはなんとハルだった。慌ててハルは植物学科1年のハルだと自己紹介する。それからハルはとても良い講義だったと言う。

 

戦争の事などがよく分からず苦手だと言うハル。これはまた………

 

真っ白で小ぶりなドワーフウサギ。いい塩梅に脂肪がついている。彼は肉食獣の味覚がないから食肉の対象外だが、これではメロンが手を出さずとも卒業前に喰われるのでは…。

 

そこに、ハルがノートを貸したドリューという肉食獣が礼を言う。だがハルはあれだけジロジロ見ながら話しかけるオオヤマネコの欲に気付いている様子は―――

 

ガッ

 

ハルが目を見開く。まさか気付いて………

 

ターーーン!!

 

ハルはうっかり後ろにのけぞり過ぎて、背中から地面に転んでしまったようだ。

 

…なんだ? この子…

 

そこから立ち上がったかと思うとテーブルに頭をぶつけ、気を取り直して椅子に座ろうとすると他の生徒にぶつけられる。

 

なんか卒業前に喰われる所か今日にでもタヒにどうだ。おっちょこちょいにも程があるだろう…。

 

メロンは思う………体の大きさと命の重さは比例するのだろうか。

 

ハルは明るいが、なんだか自分の命を軽く扱っていそうだ。実際、ハルが野菜パスタを食べているのを見ると、もくもくと食べるだけで精一杯の生命活動のような感じだ。

 

変な子だ。なぜわざわざ自分の前で…。

 

 

 

ハルに抱く初めての感情

 

………食べ終わるとハルは課題の話をする。

 

毎回生徒にレポートを書かせるのは決まりらしいが、ハルは書けなかったお詫びをしに来たのだ。

 

『肉食と草食の正しい関係』などハル自身とパスタの関係と同じ。食べて食べられるだけだ、ハルにとって……。

 

それが彼女の答えだが、それでいいと言う。その方が楽しいし、だから仲良くする必要がある。

 

そんな事ではいつか本当に命を落とすと警告するメロンだが、どうせタヒと隣り合わせなら愛情に命を賭けると宣言する―――

 

メロンは、ハルの命が軽いというより、身軽である子なのだと思った…。

 

 

―――人通りの少ない廊下。

 

そこにメロンとハルは場所を移す。

 

………メロンは今まで何匹も獣をころしてきた。

 

ハーフの彼には食肉欲求は無いがさつ戮衝動が備わっている。だから草食動物をころしたいと思った事は何度もある。

 

だが、食べたいとは思わなかった。繰り返すが、食肉はまるで男女の恋愛模様……ハルは初めて―――

 

メロン「君、名前なんだっけ」

 

メロンはハルの襟首を掴んだ後、口元を掴んで引き寄せる。

 

ころしたくない………食したい草食獣。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

beastars『ビースターズ』第146話の感想

 

人でなしのメロンにも悩みなどはあったようですね。

 

それにしてもハル……やっかいな者に目を付けられてしまったようですね。前話でハルが人質にされるのではと考察をしていましたが、メロンが抱いていたのはもっと厄介な感情のようです…。

 

ラストでハルはメロンに捕まってしまったようにも見えますが、果たしてどうなるのでしょうか…。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

beastars『ビースターズ』第147話のネタバレ&最新話!

 

メロンの喜び

 

メロンはハルに触れる…。とりあえず本能の赴くままに手を滑らせてみる。

 

いきなりのセクハラにハルは戸惑う。そして今度は抱きしめてくる………

 

これはそう……レゴシと初めてあった時と…

 

ハルは慌てて止めるように言う。そしてメロンの種族はなんなのか問うてくる。……聞くのはそこ?

 

今のはまるで草食獣を襲おうとした肉食獣のようだったそう。メロンは「見ての通りガゼルだよ」と答える。

 

………誰しもこのツノに騙されてきた。このツノのお陰でいつも事情聴取で済まされてきたのだ。

 

そう、このお飾りを疑ったのは彼女が初めて。

 

…すると今度は自分を女として抱きしめたのかと言い出す。気まずいのかちゃんと好きな男子はいると説明するが―――

 

ドスッ

 

……メロンはいきなりカッターナイフを取り出すと、自身の右膝に刺す。

 

恐怖で固まるハルに「やっぱりだ」と言う。初めてあまり痛くないと感じる事ができた…。

 

 

 

禁断の麻薬…コピ・ルアク

 

――――――

――――

――

 

―――コピ・ルアク研究団。

 

ルイ達はデシコから、肉草の混血種は痛みや暴力が快楽を得る手段の一つだと聞く。その上食欲と性欲が欠如している場合も多く、残酷だ。

 

それにしても、ルイは飲んでいるコーヒー『コピ・ルアク』が旨い…。流石はデシコ。

 

だが同じくルイ以外の飲んでしまったメンバーは気が気でない。まともに礼を言う事も出来ずソワソワする。

 

そう、肉の味を知る現代の肉食獣にはコピ・ルアクはかえって欲を煽る。生身の肉が欲しくなる……。

 

自分達は所詮ただの肉食動物であることを思い知るレゴシ達。

 

ドルフ「ルイ…やっぱりあんたって糞美味そうだな」

 

慌ててレゴシと頭突きをし合い、耐えるドルフ。なんとかルイ以外の全員で肉食欲を耐える。

 

今時の肉食獣は捨てたものではないと評すデシコ。彼らなら本当にメロンを倒せるかも…。

 

 

難儀な肉食獣

 

―――研究所を出るルイ達。

 

結局どんな情報を得られたかよく分からないドルフ達。

 

だがルイはメロンが歴史学の博士号を取得しているとデシコから耳打ちされていた。

 

奴は歴史に詳しい。いや、歴史を憎んでいるのかもしれない…。ハーフの個体は戦後に増えて迫害されているのだ。

 

シン組たちは肉食欲を抑えられそうになかったので、ルイの方から彼らと別れる事に―――。

 

 

―――レゴシの帰り。

 

電車の中でもまだ肉食欲が治まる気配はない。

 

レゴシは思う。いつだって無力で情けないのは肉食獣の方。

 

レゴシが犯した食肉とメロンの存在はどこか似たような苦しみを背負っていると思いつつ、自室に帰宅する………。

 

ハル「あーっやっと帰ってきたか、不良オオカミ」

 

なんとそこにはハルが…!

 

帰りの電車がないから泊まっていくつもりらしい。歯ブラシだけは持ってきたと彼女は言うが………

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

beastars『ビースターズ』第147話の感想

 

レゴシの部屋にまさかのハル…。コピ・ルアクで火照った身体にこれは強烈でしょうね。

 

まぁいずれにせよ、ハルがメロンに襲われずに済んでよかったです。このまま人質にされてしまうのかと思いましたが、何とか助かったようです。

 

さて、メロンがハルと接触したことでレゴシ達は一気にメロンへの距離が近くなると思いますが、その時に一体何が起こるのでしょうか…。

 

何だかメロンはハルに恋愛感情のようなものを抱いてしまったようですし…。やはりハルはメロン追跡の足かせになってしまうのでしょうか…。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

beastars『ビースターズ』第148話のネタバレ&最新話!

漫画最新話ネタバレ
『ビースターズ』第148、149,150話のネタバレ&最新話!

板垣巴留先生のbeastars『ビースターズ』は少年チャンピオンにて連載中です。巴留先生は板垣恵介先生の娘さんという噂があります。おそらくそうなのでしょうね。   beastars『ビースタ ...

続きを見る

 

 

『ビースターズ』まとめ

今回は『ビースターズ』第145、146,147話のネタバレ&最新話!をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.