漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』最終話後編のネタバレ&最新話!最後まで荒ぶる彼女たち

投稿日:

別冊少年マガジン連載中。アニメ化作品。原作:岡田麿里×漫画:絵本奈央

 

前回の『荒ぶる季節の乙女どもよ。』最終話前編のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『荒ぶる季節の乙女どもよ。』最終話前編のネタバレ&最新話!

別冊少年マガジン連載中。アニメ化作品。原作:岡田麿里×漫画:絵本奈央   前回の『荒ぶる季節の乙女どもよ。』27話のあらすじは・・・   和沙達はどうしようかと慌てるが、新菜は泉に ...

続きを見る

 

泉の「性欲を感じるなら」発言にあまりにひどすぎると非難が来るが、若菜は満更でもないと言う。そしてあーでもないこーでもないと言い合いになり始めたので、色鬼というゲームを皆でやることに。

鬼が追いつく前に、鬼が指定した色にタッチすればいい。鬼役が次から次へと入れ替わっていく。一方、和沙は泉と行動していた。泉は電気を探しているが………

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』最終話後編のネタバレ&最新話!

 

月の青い光

 

―――和沙と泉。

 

ずっと、こんな風だった……和沙はそう思っていた。

 

あの日、あの言葉から、和沙は……ずっとあたりがよく見えない…暗いところにいた気がした。

 

………やがて階段を降りきる和沙。

 

と、そこは暗がりではなかった。透き通るような光に包まれた美しい廊下だ。

 

それは、窓から差し込む月の光によるものであった…。そう、和沙も泉も今まで青の中に、いたのだ。

 

そういえば彼らが鬼役に指定された色は―――

 

泉「この色なんだけどな」

 

和沙「この色が欲しい」

 

…同時に言葉を発していた。そう、まるっきり(ではないが)おんなじ言葉。

 

泉はふと、和沙に聞いて欲しいと言う。自分は確かに若菜に性欲を感じる。だが当然彼女と本当に事に及びたいなどとは思っていない。

 

そんなこと分かり切っているよとでもいいたいのか、和沙は「…もういいよ」と言う。

 

 

 

幼馴染としての互いの気持ち

 

泉「よくない!!」

 

泉は、自身の気持ちと性欲についてをよく理解していなかったと推測する。だから和沙も若菜も誤解させてしまったのだろう…。

 

そう、彼もよく分かっていないのだ。

 

無論、泉は和沙としたくないわけではない。が…和沙には性欲だけではなく、家族愛などの気持ちもあった。そんな特別な彼女を、性的に見るのが恥ずかしくてたまらなかったのだ。

 

いきなり関係が変わりすぎるのが怖いという事もあったのだ…。これから先もずっと一緒にいたかったから―――

 

和沙は自分も分かると、泉の手を握る。確かに性的なことに興味はあるが、だが嫌悪もある。実は和沙にとっても、その二つは幼馴染である泉とイコールになってない。

 

そして互いにカッコイイ・可愛いと言ってしまい、謝りながら顔をそむける。

 

………それから泉は若菜にも謝りたいと言う。

 

ちょっと変人だが善人な彼女に性的な目線を向けていたと思うと自己嫌悪の感情が湧いてきたのだ。

 

だがそれはなんと、和沙も一緒だった。彼女と風呂に入った時、和沙も確かに性的な目で見てしまったと…。

 

それから和沙は何度も不安になると思うが、泉と同じ気持ちを持っていると分かったから大丈夫だと言う。

 

そこに隠れてみていた若菜たちが出てくる。曰く、ずっとズルをしている奴らを捕まえて行くのだと。

 

 

 

最後まで荒ぶる彼女たち

 

―――り香と駿。

 

彼らは音楽室に隠れていた。り香は泣いていた。どうやら駿は既にファーストキスではないらしい。

 

彼が色んな事を体験済みだということが耐えられない。

 

………と、駿がり香の額に口づけをする。

 

そう、り香相手だと額でもドキドキするのだ。そして雰囲気極まった彼らは、唇同士でも口づけを―――

 

ひと葉「はーい」

 

色鬼は隠れているのもルール違反……音楽室には全員集合していた。

 

 

―――とりあえず男性には帰ってもらう事にした。

 

彼らは青に消えていく。そうして女子だけとなる。なんだか真っ白に燃え尽きた気分だ。

 

そう、白と言えば………彼女たちは、白について話しはじめる…。

 

 

―――夜明け。

 

空が青くなっていく。

 

先生たちが出勤する。校長先生と教頭先生も現れ、一晩経ったから少しは頭も冷えただろうと言う…。

 

だが現れたミロ先生曰く、彼女らが沈静化したかは怪しい所。

 

なんせ彼女らは………絵の具を大量に使って文字を描いていたからだ。…そう、これだけの色が青の下に眠っていたのだ。

 

新しい気持ちに照らされると、自分でも気付いていなかった、元々自分が持っていた色が浮かび上がってくる。

 

………彼女たちは校舎に絵の具で描いた文字の髪を垂らす。そこには曽根崎先輩らの退学と男女交際禁止の撤廃要求が書いてあった。

 

その中には曽根崎先輩らが無実であるという記述もあり、登校してきた生徒たちに見られてしまう…!

 

ミロ先生はいい感じに荒ぶっていると言う。

 

教室では、疲れ果てて眠っている和沙たちが、柔らかな光に包まれていた―――

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

 

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」まとめ

今回は『荒ぶる季節の乙女どもよ。』最終話後編のネタバレ&最新話をお送りしました!

 

無料登録で50%OFFクーポンをゲットするならBookLive!

無料登録するだけでもれなく購入した本が50%オフになるクーポンがもらえます。ぜひ有効に利用したいですね。

 

登録無料で月額料金不要。無料で読める作品が約1万5000冊もあります。是非試し読みをして本を選んでくださいね。

 

BookLive!で読んでみる

▲無料登録で半額クーポンGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

 

-青年マンガ
-, , , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.