漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『青の島とねこ一匹』第7話のネタバレ&最新話!白神雷太という男

投稿日:2019年1月24日 更新日:

月刊ヤングチャンピオン烈にて連載中!

 

『青の島とねこ一匹』前回(6話)のあらすじは・・・

 

風島の高校に赴任が決まった草太は都会から白神先輩の元へ下宿させてもらいにくるが、先輩はおらず、娘の青と同居することに…。

 

『青の島とねこ一匹』第7話のネタバレ&最新話!

 

草太を迎えに行く。

 

「コラッミケ動くな! 描けんじゃろっ」

 

ミケをスケッチする青。中々上手くいかない。草太は簡単に描くのに…。

 

「よしっ出来た!!」が、その出来は…

 

「………へたじゃ」

 

そろそろ草太が帰ってくる時間だ。買い物ついでにミケと一緒に迎えに行くことに。

 

学校。

 

到着した草太。

 

「休日出勤ですか? 中村先生」

 

そう宮地に聞かれ、忘れ物だったのだと伝える。宮地の方は活動熱心な図書部の顧問なので学校に来ていたのだ。

 

ふいに、「これって白神の父親の絵ですよね」と宮地が言う。青の父である白神雷太は日本画家である。

 

その絵は高級車くらいの値段がするが、そんなものをタダで学校に寄付するとは…。

 

「悪く言えば変人、良く言えば器がデカい」などと白神を評す。他にも彼らは白神の画集が図書室にあるなど、いろいろ話す。

 

借りた白神雷太画集を見ながら、草太は船乗り場に。

 

「遅ーい!!」青とミケが待っていた。青はLINEをしたそうだが、草太が既読を付け忘れていたのだ。

 

歩きながら2人は話す。白神は今どこなのかと尋ねる草太に対し、「知らんっ!」と返す青。この前はチベットに行ったそうだ。

 

 

白神雷太という男

すると、島の女性たちに囲まれた白神がいた。

 

「せっ先輩!?」

 

「お父ちゃん!?」

 

「よおっ」と返事をする白神。近所に土産を渡し、代わりに野菜を貰っていたのだ。

 

白神は娘を抱きしめる。

 

「青ーーー!! 元気だったか!? 」「わっ」

 

青があまり成長していない(特に胸)事を指摘し、頬を張られた彼は草太にも挨拶する。

 

「おーーっミケも元気だったかーっ」ミケも彼をひっかく。

 

今も絵を描いているのかと白神に聞かれ、「いえ…もう」と草太は答える。

 

「そうか、やめたんだっけ………」「ええ」

 

教職を取っておいてよかったという草太に対し、先生やりながら絵を描けばいいという白神。

 

「オレは草太の油けっこう好きだったぞ」

 

青をモデルにすればいいと言う白神。

 

モデル代一万円でどうかと白神に提案され、「やる!!」と青。

 

「ヌードなら10万円!!」「やる!!」「ええ!? 青ちゃん!?」「嘘じゃ」

 

そういえば、と白神は草太に話を振る。

 

「女にフラれて逃げてきたんだって!?」「!!」

 

この人はもーーーっズケズケとー!! と思う草太。

 

しかし、白神はかっこ悪いもんか、と言う。

 

「男と女の問題は地球くらい重いんだぞ。逃げてもいいんだよ」

 

恥じる事なんかないと。

 

先輩は、僕がぐじぐじ気に病んでる事を簡単に笑い飛ばす。「かなわないなあ……」と改めて思う。

 

 

青の好きな人

その夜。

 

家では豪華な食事が待っていた。イギスにタコ刺し、アジフライも。

 

イギスを知らない草太に青は説明する。酢味噌で食べたら美味しいらしい。確かに美味しかった。

 

夕食後。

 

「あっコラーーー!! 何勝手に見ようるん!?」

 

白神が勝手に青の書いたミケを見ていた。絵の才能は遺伝しなかったようだ。

 

しかし、草太は「いや…かわいいよ」とほめる。「うっうるさい!!」

 

すると白神は、青が小学生の時に書いた『私の大好きな人』という絵は上手だったという。

 

大好きという事は、白神を描いたのかと尋ねる草太だが、そうではないらしい。

 

その人物を明かそうとする父。

 

「わーーーっ!! 言うたら親子の縁切るけえねっ!!」

 

草太は見たいというが、どんな昔の絵はないという。

 

その後、青の説教が2時間続いた…。

 

夜中。

 

ミケも寝ている中、机の引き出しから件の絵を取り出す。

 

そこには『大好き 草太くん』と書かれた絵が。

 

「はあ…やっぱヘタじゃ…」

 

大好きな人は…。

 

 

 

『青の島とねこ一匹』第8話のネタバレ!

 

ComingSoon

 

 

-青年マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.