漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『あまちんは自称♂』20話ネタバレ&最新話!滝行で熱が出てしまったあまちん。

投稿日:2018年12月4日 更新日:

前回(19話)のあらすじは・・・

 

毎年恒例、海神高校の

珍行事である滝行。

 

 

滝行で頑張りすぎて

熱を出してしまった

甘澤であった。

 

 

『あまちんは自称♂』20話ネタバレ&最新話!

 

いつもと同じ朝、おなじ日常。

 

「はよーっす」

 

「おはよう上下君!」

 

 

「…あれ?おい上下 あまちんは?」

 

「…あぁ」

 

 

「あいつ今日」

 

「学校休み」

 

 

「んなーーー!!??」

 

 

あまちんのいない学校なんて…

 

「こんなの

『あまちんは自称♂』

じゃねぇ!!!!」

 

「3巻(コミックス)発売月に

なんて仕打ちしやがる…!!!」

 

 

「メタい落込み方

やめてくんね!?」

 

 

昨日の滝行で風邪を

ひいたらしいあまちん。

 

「…でも さすが上下くんね!

甘澤さんが

お休みでもいつも通りだし…」

 

「ってゆーかみんな

オーバー過ぎだって!

たまには教室が

静かになっていいんじゃね?」

 

 

ところが…

 

 

一時間目の授業中。

 

「(あら…?

上下君 おなじノートを

2冊作ってる…?)」

 

タツミが全く同じノートを

2つ作っているのに

気付く委員長。

 

「(まさか…)」

 

「(欠席した甘澤さんの

分のノート…!?)」

 

 

続いて、休み時間。

 

周囲をきょこきょろするタツミ。

 

「あれ?あまち…」

 

「……!」

 

 

「(無意識に甘澤さんを

探してる…!!)」

 

 

そして、放課後。

 

他クラスの女子が

タツミにラブレターを

渡そうとする。

 

「あっ あのさ上下君…

これ読んで下さい!!!」

 

「(いつもの付きまといが

いないしチャンス…!!)」

 

 

「あ…ゴメン!!

今日は早く帰らないと

なので…!!」

 

 

「(ラブレターより帰宅を

優先した……!!!)」

 

 

あまちんが休んで

一番動揺してるのは

なんだかんだ

タツミなのであった。

 

 

その頃、あまちんは…

 

「ぺくしゅっ」

 

「熱上がってる…」

 

 

ダルいし重いしつらい…

 

 

タツミに会いたくなっていたが、

カゼをうつしてしまうし

絶対今の俺見てほしくないし、

ということで念のため

 

「来なくていい」

 

と連絡しようとする。

 

 

「あまちん!!!」

 

「ぴぃいいい!!!!!!」

 

 

「ちょ…!!来るの早くね!?」

 

「学校終わってすぐ来たからな」

 

「カゼうつる…ってかあの…

いや嬉しいけど!!

嬉しいけどぉ〜〜っ!!!」

 

 

「今の俺…

髪も結ってないし…

その……」

 

「鼻水とか出て

全然かわいくないから……

帰ってほしい…!!」

 

すっかりしおらしくなったあまちん。

 

 

キレるタツミ

 

「は?かわいさより

自分の身体心配しろや…」

 

「(な…なんかキレられた…!!)」

 

 

「ほら 出てこいって」

 

「ぴぇえええ!!!」

 

あまちんの布団を

ひっぺがし、頬に触れるタツミ。

 

「…すげーあちーな…」

 

「タ…タツミ…!?」

 

ドキドキするあまちん。

 

 

「台所借りるぞ!!」

 

「…え…?」

 

 

おかゆを作ってくれたタツミ。

 

「おいし〜」

 

「かいがいしくこんなに

お世話してくれて…

良い夫過ぎて勃つわぁー…」

 

「病人は勃つな!!!」

 

 

「ついでに体とか

拭いてもらおっかな〜〜」

 

少し調子に乗り、

タツミにお願いする。

 

「なんてね…」

 

 

「あっ 汗かいてるもんな 拭いてやるよ」

 

「ホラおかゆ置いて」

 

「えっ!? いっ いいって別に…!!」

 

「遠慮してる場合かよ ホラ早く!!」

 

 

「(うっ…うぅ

もうだめだぁ〜

 

タツミ以外に

おムコに行けない

 

あっ そしたら責任取って

ゴールイン!?ラッキー!!)」

 

混乱状態になる

あまちんですが、

タツミは至って冷静に

背中を拭いてくれる。

 

「(こんなふうに

ドキドキしてるの

俺だけだろーな…)」

 

「(…俺は『幼なじみ』

じゃなくて……

もっと…

タツミと……!!)」

 

「(あんな事とか

こんな事する仲に

なりたいのにーっ!!!)」

 

アダルトな事をする自分と

タツミを想像する

あまちんであった…。

 

そんな時、タツミが

あまちんの頭を撫でてきた。

 

 

「…滝行の時さ 俺の願い

『ヒミツ』

って言ったけど

あれな

『みんなで元気に平和に

高校生活楽しめますように』

って祈ったんだ」

 

「委員長も普田達も周りの人も」

 

「もちろん俺もあまちんもな」

 

「その矢先にカゼひくんだもんな…」

 

「な…なんかごめんなさい…」

 

「…だから早く治れよ?

お前がいないと

みんな寂しがるんだからな」

 

「…悔しいけど 俺も調子狂うんだよ」

 

 

「タツミの一言一言に深い愛を感じて」

 

「勃づわぁーーーー!!!!」

 

号泣するあまちん。

 

 

あまちんを落ち着かせようとして

誤って押し倒してしまうタツミ。

 

そんな時、あまちんの

お父さんと委員長が

お見舞いにやってきた。

 

お父さんに追い回される

タツミであったが、

委員長にあまちんがいない

タツミの学校での様子を

聞かされ、笑顔に浮かべる

あまちんであった。

 

 

『あまちんは自称♂』21話ネタバレ&最新話!

 

ComingSoon

 

 

-青年マンガ
-, ,

Copyright© ニクノガンマ , 2020 All Rights Reserved.