漫画最新話ネタバレ

青年マンガ

『25時のゴーストライター』最新話のネタバレ【2話】

投稿日:

梶本あかり先生の『25時のゴーストライター』はヤングガンガンに連載中です。今回は2話の最新話のネタバレを書いていきたいと思います。

 

『25時のゴーストライター』前回(1話)のあらすじは・・・

漫画最新話ネタバレ
『25時のゴーストライター』最新話のネタバレ【1話】

梶本あかり先生の『25時のゴーストライター』はヤングガンガンに新連載です。今回は1話の最新話のネタバレを書いていきたいと思います。   『25時のゴーストライター』のあらすじは・・・ &nb ...

続きを見る

 

【日暮二三(15)】は14歳の頃に有名な賞を受賞した作家だが、それから1年ほどしてスランプに陥っていた。スランプを乗り切るため、昔家族と住んでいた家に行く。そこは火事で全焼して書斎だけが残り、それ以来一度も訪れていなかった。

 

埃一つなく不自然に思っていると、突如現れた女性の幽霊に抱き寄せられる。彼女はここを管理していた女中で、家事の際に亡くなった【ニコ】だった。二三は彼女を思い出し驚愕する。

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

スポンサーリンク

 

『25時のゴーストライター』第2話のネタバレ&最新話!

 

ようやく思い出した

幼い頃の記憶。

 

ニコ「『ニコ』? 私のことですか?」

 

二三「うん! だってそう読むんでしょう?」

 

彼は絵に『2子』と書いていた。

 

確かにこれは「2」である。その年で漢字が読めるなんて坊ちゃんはすごいと褒めてあげる。流石は未来の作家だと。

 

…そして現在。

 

二三「ニコ…?」

 

ようやく思い出したのだが、本当にあのニコなのかと詰め寄る。昔はあんなに懐いていたのにと言う彼女に対し、昔はそんなキャラじゃなかっただろうと返す。

 

口調やテンションがもっと凛とした感じだった。が、10年もたてば人も多少は変わると返される。

 

そもそもなぜ亡くなってから幽霊として出現したのか聞くと、気づいたらこうなっていたらしい。成仏できなかったのだろう。

 

 

 

ニコ「地縛霊っていうのかな? 私みたいなの」

 

 

 

イマイチピンとこないが、なぜニコだけが幽霊として出現したのか。同じく亡くなった両親だっているのではと問いかけると、残念ながら幽霊として現れたのはニコだけらしい。

 

改めてニコは言う……

 

ニコ「お帰りなさい」

 

二三「……」

 

もう会えないと思っていた、大好きだった人。彼女と再会できただけで――

 

怖い彼女

怖いわ

 

彼は怖いのが無理だった。一人暮らししに来たのに、先住民の幽霊がいるなど聞いてない。大体、初恋って一体何年前の話だと思っているのか。
他の物件も探す事を考えていると…

 

 

 

ニコ「トランクスかぁ」

 

 

彼女は勝手に下着を漁っていた。二人分にしては荷物が少ないと思ったらしい。

 

自分ひとりだけだと伝えていると、ニコは小説の原稿を発見する。

 

ニコは彼が本当に小説家になった事に対し喜んでいた。

 

ニコ「ちゃんと夢叶えたんだね」

 

だがそれはボツを食らったものだ。もうボツを食らわないために集中して執筆をするためにここに来たと言う。

 

ニコが地縛霊でここを離れられないなら自分が出ていくと伝える二三。はやり幽霊と一緒に過ごすのは難しい。

 

本当に出ていくつもりなのかと聞かれ、そうだと返すと……

 

ニコ「だめよ、行かないで」

 

二三を引き止める。「約束したじゃない、○○○○って」とニコは言うが、その○○○○に該当するセリフ部分は黒く塗りつぶされて分からない。
何を言っているのかという二三に対し彼女は――

 

ドッキリ好きな彼女

ニコ「びっくりした?」

 

ぺかっと笑顔になる。ちょっとシリアスな雰囲気を出したかったらしい。

 

急に変な事を言うなと言う二三だが、本当は冗談ではない。長い事一人でいたせいか、誰かと話せるのがうれしいのだ。

 

そう、こんな所でどこにも行けず一人で10年もずっと……。だから一緒に暮らしてほしいと。

 

メリットはきっちりある。このままここに残ってくれたなら……

 

ニコ「色々サービスしてあげる♡」

 

その言葉と仕草に彼は顔から火が出るほど赤くなる。サービスとは一体…

 

と、彼女が取り出したのは埃はたき。ニコのサービスとは女中らしく家事サービスの事だった。

 

家事などできないでしょうと言われ、自分だって交代で家事をこなしてきたと言う。一人暮らしの定番の料理だって…

 

 

 

ニコ「定番の料理ねぇ」

 

 

そういって取り出したのは、独り暮らしの味方と言えるカップ麺…。彼は勝手に出さないでくれと言う。

 

しかし料理の腕には自信があるし、透けているから存在感も気にならない。何より、ここに縛られる理由がなくなったら成仏できるのだ。

 

その成仏について考えた時、二三の頭はズキッと痛む。心配する彼女にただの偏頭痛だと伝え、確かに条件がいいと考える。

 

彼はその条件を飲むことにし、代わりに仕事の邪魔をするなと言う。「いいか…!!」と彼女に触れようとすると、スカッと透けてしまい、「…」となる。

 

昔とは違うのだし、満足したらとっとと成仏するように言う。今度こそ「よろしくね、つぐみくん」だ。

 

こうして奇妙な同居生活を送る事に……。

 

 

『25時のゴーストライター』第3話のネタバレ、最新話

漫画最新話ネタバレ
『25時のゴーストライター』最新話のネタバレ【3話】とんでもない100箱

梶本あかり先生の『25時のゴーストライター』はヤングガンガンに連載中です。今回は3話の最新話のネタバレを書いていきたいと思います。   『25時のゴーストライター』前回(2話)のあらすじは・ ...

続きを見る

 

無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。なんとポイント還元が驚異の40%!

U-NEXTで読んでみる

▲無料期間31日で600Pが欲しいなら▲

 

無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】

eBOOKJapan背表紙

まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。やっぱりビジュアルって大事!

 

eBOOKJapan登録で300pゲット

 

登録無料で月額料金不要。しかも登録するだけで300P貰える。エントリーすると最大5000ポイント分ポイントがかえってくる!

eBookJapanで読んでみる

▲無料登録で300ポイントGET!▲

※キャンペーンは変更されている可能性があります。詳しくは上記から公式をご確認ください。

 

-青年マンガ
-, , ,

Copyright© ニクノガンマ , 2019 All Rights Reserved.